娘の一言

2014年10月4日

5年前の小学校6年生のとき発症した、多発性硬化症のため、今も自立歩行が完全でない娘が言った一言です。
「私はなんで歩けるようになりたいんだろう。だって、今だって幸せだし。私は、何を求めているんだろう。」
もし、この5年、障害がなくなる事だけを目的にしてきたのなら、今の娘の結果は、敗けの結果になってしまうかもしれません。
目標を高く持ったとき、今の現状はそこに向かうための1つの通過点で、考えるきっかけでしかありません。
観点をあげること。
娘の言葉に頼もしさを感じました。
10410530_573166376143890_7284430966260129577_n


Filed under: Uncategorized

コメントする

(required)

(required), (Hidden)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

TrackBack URL  |  RSS feed for comments on this post.


2017年6月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

最近のコメント

メタ情報

Blogroll