朗読劇

2015年1月26日

昨日、朗読劇というものを、初めて観賞させていただきました。
虐待やいじめの問題を取り上げている内容ですが、その中身は深く、一人一人の人としての自分らしさや存在と言った根元的なことを考えさせてくれる内容でした。
原作も読んでみたいなと思いました。
また、命を狙われることもなく、自分と言うものを哲学できる状況にいられることが、いかに稀有なことなのか、そして、気を抜くと自分を観なくてもすんでしまうこの状態が、いかに難しい場なのか考えるきっかけをもらった2時間でした。

10420195_637244376402756_3186418952713029152_n


Filed under: Uncategorized

コメントする

(required)

(required), (Hidden)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

TrackBack URL  |  RSS feed for comments on this post.


2017年6月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

最近のコメント

メタ情報

Blogroll