アーカイブ – 2012年2月23日

復活できるかな?

保険医療機関を辞退して、7か月が過ぎました。
患者さんの数は、4分の1。
収入は3分の1。
毎月200万円近く赤字になります。
いくら生活を節約しても、医院の経費として出ていくお金なので、経費を下げないとこの赤字額は変わらないんですね。
でも、もう下げられるところがないんです。
いろいろ設備投資してしまいましたからね。
これだけ月々返済いないといけない、多額の借金をし、自分の首をどんどん絞めつけていることにも気づかなかったんですね。
でも、気づいた今がスタートです。
以前のままの人生を歩んでいたら、借金を返し終わった時に何が残るのでしょうか?
医院が残る?
それに意味がありますかね?
患者さんの感謝が残る?
本当に感謝されていますかね?
借金を返すために、毎日作業をしながら、保険に文句を言いながら、趣味や美食やお酒で憂さ晴らし。
もし、将来人生を振り返る瞬間となったとき「なにしてきたんだろう」と思わないように、「大変だったけど、良く頑張ったよね」と思えるように。
今この時間を無駄にせず、生き切ろうと思います。
どの子にも 涼しく風の 吹く日かな
飯田 龍太
すべての人が、こんな心境になれる世界となれますように。
決して、人任せにし、人に癒してもらうようなそんな世界ではこんな心境にはなれないんです。
一人一人が、自分自身を觀、自分でつかみ取ったうえで、人のためにというスタンスで生きる。それは、一見大変で険しい道に見えるけど、生きるってきっとこの道を味わいながら歩むことだと思います。そんな生き方の末に得られる心境だと思います。
僕は、そんな人生を送りたいから、子供たちに示したいから。
自分のスタンスから変えてみました。
そうしたら、見えてくるものがたくさんありました。
保険診療という、関わる医師、患者両方が、責任を持たない、関わる設定もないも自分たちにない、そんな場から、お互いが自分自身に責任を持ち、100%向かい合い自分のできることを精いっぱいする、そこには、お互いの本当の納得があるのです。
目先だけの楽でなく、その人が本当に求めるものを、自分が本当に求める物を、みつけられたとき、
良く頑張ったよね、今考えると楽しかったよねってきっと思いあえると思います。
そうやって感じあえる仲間を、たくさんたくさん作るための場づくりの小さな一歩が、保険医療から身を引くことだっただけなんです。
娘が自分の健康と引き換えに、こんな大切なことにきづくきっかけをくれました。
ありがとうね、彩水。
きっと、良く頑張ったよねって言える日が来るからね。
保険医療機関を辞退して、7か月が過ぎました。

患者さんの数は、4分の1。

収入は3分の1。

毎月200万円近く赤字になります。

いくら生活を節約しても、医院の経費として出ていくお金なので、経費を下げないとこの赤字額は変わらないんですね。

でも、もう下げられるところがないんです。

いろいろ設備投資してしまいましたからね。

これだけ月々返済いないといけない、多額の借金をし、自分の首をどんどん絞めつけていることにも気づかなかったんですね。

でも、気づいた今がスタートです。

以前のままの人生を歩んでいたら、借金を返し終わった時に何が残るのでしょうか?

医院が残る?

それに意味がありますかね?

患者さんの感謝が残る?

本当に感謝されていますかね?

借金を返すために、毎日作業をしながら、保険に文句を言いながら、趣味や美食やお酒で憂さ晴らし。

もし、将来人生を振り返る瞬間となったとき「なにしてきたんだろう」と思わないように、「大変だったけど、良く頑張ったよね」と思えるように。

今この時間を無駄にせず、生き切ろうと思います。

どの子にも 涼しく風の 吹く日かな

飯田 龍太

すべての人が、こんな心境になれる世界となれますように。

決して、人任せにし、人に癒してもらうようなそんな世界ではこんな心境にはなれないんです。

一人一人が、自分自身を觀、自分でつかみ取ったうえで、人のためにというスタンスで生きる。それは、一見大変で険しい道に見えるけど、生きるってきっとこの道を味わいながら歩むことだと思います。そんな生き方の末に得られる心境だと思います。

僕は、そんな人生を送りたいから、子供たちに示したいから。

自分のスタンスから変えてみました。

そうしたら、見えてくるものがたくさんありました。

保険診療という、関わる医師、患者両方が、責任を持たない、関わる設定もないも自分たちにない、そんな場から、お互いが自分自身に責任を持ち、100%向かい合い自分のできることを精いっぱいする、そこには、お互いの本当の納得があるのです。

目先だけの楽でなく、その人が本当に求めるものを、自分が本当に求める物を、みつけられたとき、

良く頑張ったよね、今考えると楽しかったよねってきっと思いあえると思います。

そうやって感じあえる仲間を、たくさんたくさん作るための場づくりの小さな一歩が、保険医療から身を引くことだっただけなんです。

娘が自分の健康と引き換えに、こんな大切なことにきづくきっかけをくれました。

ありがとうね、彩水。

きっと、良く頑張ったよねって言える日が来るからね。

コメントする 2012年2月23日


2012年2月
« 7月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  

最近の投稿

最近のコメント

メタ情報

Blogroll