アーカイブ – 10月, 2014

娘の一言

5年前の小学校6年生のとき発症した、多発性硬化症のため、今も自立歩行が完全でない娘が言った一言です。
「私はなんで歩けるようになりたいんだろう。だって、今だって幸せだし。私は、何を求めているんだろう。」
もし、この5年、障害がなくなる事だけを目的にしてきたのなら、今の娘の結果は、敗けの結果になってしまうかもしれません。
目標を高く持ったとき、今の現状はそこに向かうための1つの通過点で、考えるきっかけでしかありません。
観点をあげること。
娘の言葉に頼もしさを感じました。
10410530_573166376143890_7284430966260129577_n

コメントする 2014年10月4日

すべて捨てます。

その人に必要なの情報は、その人の中に。
歯科理論にはもう用はない。
当時、発刊されている歯科雑誌は、すべて購入してました。
10676352_572073822919812_3615596673144189471_n

コメントする 2014年10月2日

14年間お世話になりました。

今日、2台ある歯科のユニットを1台撤去します。
今の「歯の症状の原因は歯にない」という診療形態では、ユニットは一台で充分です。
そして、
「自分のことは自分で」
「症状はサイン。それを入口に自分研究しよう。」
という処置がメインでなく勉強会を中心の治療が、求めている人々に届き、それが成り立つ歯科医療が受け入れられる社会となるように。
決断の一歩です。
10150645_571977639596097_6762717196226252710_n

コメントする 2014年10月2日


2014年10月
« 7月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

最近のコメント

メタ情報

Blogroll