小嶋歯科医院二宮町

"0463-72-3982"

二宮町の小嶋歯科医院に来られた患者さんから当医院の感想をいただいています。

患者さんの感想

小嶋歯科医院では、今までにない、まったく新しい治療をどのようにご紹介すればよりご理解いただけるか、前例のないものを表現することの難しさを日々感じています。HPや医院内外でのセミナー等、積極的におこなっていますが、その一環として、今まで治療を受けられた患者さんよりそれぞれの感想をいただきました。 ぜひ、あわせてお読み下さい。
それから感想をお寄せいただいたみなさん、ご協力ありがとうございました。

話をしっかり聞いて、説明もしかっりしてくれる

N.Mさん 女性

今回実際に診療を受けて一番良かった点は、やはりまずはこちらの話をしかっりと聞いて下さり、そして先生からもしっかりと説明をして頂ける事でした。ちょっとした疑問にも丁寧に答えて頂けるので、治療に対する不安も軽減されました。今までに治療をして頂いた歯医者さんも丁寧に対応して頂きましたが、本当に必要な治療なのかと疑問を持ってしまうことがあり、何となく不信感を持ちながら診療を受けていました。昔から、特に病名のつくような持病はなかったのですが、風邪をひきやすかったり湿疹等の皮膚状況に悩まされたり、疲れやすかったりと、常に体調がすっきりとせず、病院で検査をしても特に悪い所は無いとの診断なので、その頃から西洋医学的見地だけではなく、東洋医学や心理療法などもとり入れて、体調の改善を図ってきました。その中で虫歯に関しても、外的な要因だけではなく体質等の内的な要因によってなりやすかったり、なりにくかったりするのではないかと思うようになりました。虫歯に限らず、体にあらわれる様々な症状も、ただ皮膚がかゆいのではなく、内臓に不調がある為におこって現象であったり、頭が痛いのは骨盤の歪みからおこることであったりと、原因は様々で人によっても異なるので、身体に何らかの症状があらわれたら、その症状だけに捉われず、色々な角度から考える事が大切であると思っています。小嶋歯科さんの歯の不調は体からのサインという考え方を実際に治療を受けて実感致しました。今後はまず歯の治療をしっかりとして、体からのサインに自分自身で対処できるようになっていきたいと思います。

保険の適用が効く歯科医院は、費用の面で患者にとって助かるように思っていましたが、治療する側が保険適用に縛られて、中途半端な治療になってしまったり、利益優先の必要のない処置をされてしまう恐れがあるということを考えると、保険の効かない治療費であっても、長い目で見れば高くはないと思いました。

親身になって

神保智子さん 女性

親身に身体の不調や不安を聞いてくださり、一緒に治療方法を検討してくださって、感謝いたしました。

原因がわからず、医師一般への不信感がありましたが、原因もわかり安心しました。

こまめにきちんと実践していくことが苦手なので、心配もありますが、先生のお話しで時間をかけて習得していこうと思いました。ありがとうございます。

深い話

T.Mさん 女性

自分が思っていた以上に話が深くて面白かったです。
歯と体がつながっていて、手首や足首を調整すると、歯やアゴも調整出来るのが不思議でしたが、 興味深いです。家でもやってみようと思いました。
虫歯が全て悪ではなく、サインととらえて、その後にどうするか考えてみようと思いました。 ツナグごはんの料理もとても美味しかったです。
ありがとうございました。

素敵な時間

小太刀正晃さん 男性

大変すばらしい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます。
料理が全て美味しかったです。
コーヒーもおいしかった!!

もう一度参加したい

西村悦子さん 女性

歯は自分では治せない。という思い込み、「歯はセンサー」の話がおもしろかったです。
自分の体も色んなことを発信してくれているんだなぁと思いました。その声にあまり耳を傾けていない 事が多い(頭でっかちなので)ので、もっと「感覚」が分かるようになりたいと思いました。
大いなる光につつまれている自分←?ってどんなかんじだろうなーと思いました。
なんとなくな感じで聞いていたので、またお話し会や勉強会に参加したいです。

私の求めていたもの

平井篤子さん 女性

小嶋歯科医院の皆様へ
先日は大変お世話になりました。このような歯科医院に出会えた事、心から感謝しております。
昔からムシ歯はなかったのですが、夜の歯ぎしりが主な原因で歯全体がぐらぐらとしてしまったので、色々な歯医者さんに行ってみてもらいました。しかしどこも「ストレス軽減にはげみながら、夜寝る時はマウスピースをつけて下さい」との事。
これは対処法であり、根本的な治療ではないので、一生ストレスの原因さがしと、マウスピースからのがれられなくなってしまうのは、不本意でした。

小嶋先生の診療は一般的には理解されないと思いますが、私はキネシオロジーを勉強中でしたので、いってらっしゃることは、私の求めているものでした。

歯の治療に伺いましたが、私の場合、足と体の軸の調整で歯のぐらぐらがおさまり、長年の悩みだった背面のコリ(首、肩、背中、足)もだいぶ軽減しています。教えて頂いた調整方法を毎日つづけてみます。
皆様、本当にありがとうございます。

歯科医院なのに歯を見なくて勉強会?

大野孝枝さん 女性

五回勉強会、お世話になりありがとうございました。やまゆり生協のイベント、トレカフェで歯の相談をしたのが小嶋歯科医院、小嶋先生との出会いでした。「歯科医院なのに歯を見なくて勉強会?」どんな勉強するんだろう!と思ったのが 第一印象です。

インターネットで小嶋歯科医院を検索して、動画を見たりして小嶋先生が何者か、どんな治療をするのかいろいろさぐりました。「探る」なんて言葉が悪いですが、不思議、興味、わくわく、楽しいかも?と思い、息子の病気への良い影響への手がかりも得られるかもしれない、との思いで勉強会に申し込みました。

50年間生きて来た中で、まったく知らない健康知識です。
重力バランス軸の調整、筋肉反射検査法(読脳法)、脈管機能障害など、言葉からして知らないことでした。でも知らないことを勉強出来て、こんなご縁にめぐり会えたことに、とても感謝しています。

「歯はセンサー・症状はサイン」小嶋先生の言ってらっしゃる通りと思います。病気症状は神様からのお手紙と言う方もおられます。 まさにその通りと実感します。私は息子の身体の心配ばかりして主人のことは5%くらいしか考えようともしてませんでした。

「症状はサイン」50肩で肩も痛い、以前CT検査で心配のない軽い脳梗塞もあり、と言われていて、今回寝込むほど痛む歯痛になり、それは主人に対しても「今がチャンス」と、主人も小嶋歯科医院で歯科診療と勉強会でお世話になる機会にめぐり会えました。頑固で偏屈で私を否定する主人でしたが、勉強会に来ると、ころっと良い人になってしまって…。先生や衛生士さんたちとは楽しく会話させていただき、支持骨の調整などは私の知らない所でやっているようで、人まかせでない、自分の体の調整を出来る人間になってくれるだろうと、主人に対しては少し安堵しています。

これからも身体の調整や、調整がわからなくなった時や歯がどうしても痛んだ時、まだまだお世話になることがあると思います。小嶋歯科医院があるから安心です。農作業にもとても興味があります。お手伝いさせていただけるのが楽しみです。これからも宜しくお願いいたします。

納得いくまで話してくれる

向原涼子さん 女性

私が初めて小嶋歯科医院へ行ったのは、7、8年前、「おもしろい先生だよ」と友達から聞き、歯を診てもらったときです。
小嶋歯科医院が保健診療でなくなった時に、ちょっと経済的に厳しいので他の歯科医院に行く事にし、予約し、しばらく通っていましたが、だんだん疑問に思い始め、治療に行く度、先生のやり方がおかしいと思い、質問したり抗議したりが続きました。

しかし、治療してもうらう側は、自分の思いや考えを話し合ったり、主張したりしてはいけない事なんだと感じました。
先生からは、治療している歯をについての説明や、治療のやり方についての説明がまったくなく、 勝手に歯を削られたりもしました。
削られたから「やめて下さい」と言ったら、別の先生が来てまた勝手に治療されたので、「やめて下さい」と言っても聞いてもらえなかったで、行くのをやめました。
噛み合わせがおかしくなり、口の中がガタガタになってしまったので、小嶋先生に事情を話し、また診てもらう事になりました。小嶋先生は歯だけではなく、どんな事でもじっくり話しを聞いてくれて、コミュニケーションをとってその人を知り、その人らしい治療をしてくれる先生だと改めて思いました。
治療の時もじっくり説明してくれて、治療するかどうするか?自分で学び、自分を知り、自分の事は自分でなんとか出来るようにするかなど、納得いくまで話してくれるので、ちゃんと思いを伝えられ信頼できる先生だと思いました。

勉強会の感想

H.Kさん 女性

自分と家族くらいは治せるようになりたいと思って参加しましたが、初回の勉強会でもらったファイルを自宅で読んでも分からないことだらけで、とにかく脳を読み取れるようになるためには、筋肉反射の練習が大事と言われたので、ひたすら練習しました。
暫くは娘や娘の友達に彼氏がいつ頃できるのか、テストでどの教科が良いか、など他愛のない質問をして家族を巻き込んで練習し、勉強会の回を重ねるうち、徐々に自分の体調の調整にチャレンジしてみました。何となく効果があるような感じがする時も出て来ました。

そんな時に主人が仙腸関節炎?と疑う程の激しい腰痛が起こり、整骨院に通ったりしても何をやっても症状が変わらず、靴下も履けないで困っていたので、ふとこれを思い出し調整してみ ると「やった直後は調子が良い。良いかも!」と喜んでくれたので調子にのって毎日やってあげました。そのうち面倒になり忘れてしまい、そういえばどうなの?と聞くと本人もすっかり忘れる程に治ってました。

娘も、夏場にアトピーが再発し酷い状態になり、あれこれ塗ってみたのですが、ちっとも良くならず、あっ!とこれを思い出し試したところ、痒みのピークが過ぎて回復に向かってくれた りで、私の筋肉反射もまんざらではないのかもと、嬉しくなりました。

それからは、そんなに反応を取る回数は減りましたが、時々遊びのような質問もするのですが、何となく反応は取れるようになっています。これは初めの頃、質問する前にYes・Noを100回やってからが良いと教わり、しつこいくらいやったから良かったのかなあと思っています。
ただ、自我が入ってしまう質問はぶれてしまい反応が出なかったりでまだまだです。

先生のように細かい反応がとれるようになりたいですが、なまけているので難しいと思いますが、少しずつでも練習して細かい事も学んでいけたらと思います。
分かっていても自信がなくてつい頼りたくなってしまう依存型、自分で治せると分かっていても治さないから、一見治ったように症状が出なくなっても、また別の場所で再発し気付きを与 えようとしてくれてる。身体、自分と向き合わないかぎり次から次に表れモグラ叩き状態が続きます。
他でも勉強中ですが、ここでもまた別の方法で自分と向き合うことを教われましたが、少ししか分からないので、これからも続けていき深く自分と向き合えるツールにしていけたら良いな と思います

自分がどのようになっていくのか楽しみです。

U・Yさん 女性

初診でお伺いしました。
想像以上でした。
これからの小嶋先生との関係性(?)にワクワク致します。
自分がどのようになっていくのか楽しみです。
ありがとうございます。感謝、感謝です。

「歯」のお話会の感想

ご参加いただいた方々

・皆さんの話を聞くことができたので、色々な方向へ話が広がり、前回よりも理解しやすかったです。
今までの歯医者さんとのつき合い方とは違うので、患者側にも責任と覚悟が必要なので、通うのに迷いがあり、今回参加させてもらいました。」この考え方に慣れるのには、まだ時間がかかりそうな気がしますが、本来はこういったつきあい方があるべき方向なんだろうなと思います。
自分の意識も変えていくこができれば、歯の痛みも治るかもしれないですね。

・歯を切り口に生きる智恵、自分らしさに向き合う治療なんだなと感じました。
自分の体に向き合って、日々を過ごす事、身体のサインに気付く事、歯に限らず、全てに繋がる事だと気付きを頂きました。
まずは家族に今日教えていただいた事を実践してみようと思います。ありがとうございました。

・2回目のお話でしたが、興味深いお話がたくさんでてきてやっぱり楽しかったです。
先生のお話を聞いてから、歯が痛むと、体が疲れているのかなとか、自分の体を見るようになりました。
自分らしく生きることをこれからも心がけたいと思います。
ありがとうございました。またお話し会の機会がありましたら、参加させていただきたいです。お義母さんにも話してみます。

・「自分らしく生きる」という言葉グサッと来ました。
子育てが始まってから、自分というものがわからなくなっています。それが見つかれば、色んな体の不調も改善できるのかな…。
波動や宇宙的な話まで聞けて、とてもおもしろかったです。
ありがとうございました。

・ただの歯の話しだけではなくて、自分らしく生きるということや、生エネルギーの話など、勉強になることばかりでした。
万能酵母液が気になりました!
こんな歯医者さんがいるというだけで、価値観が変わりますね。

•自分が普段気にかけていることと、つながることばかりだったので、とても楽しくお話聞かせていただきました。 肉体とエネルギー(波動)、事象…すべてつながっている中で、自分は何を選択していくか… 様々な思いが駆けめぐっています。

•ご参加させていただき、ご一緒させていただいた皆様と、ともに良き時間を持たせていただき、ありがとうございました。

•実際に話しを聞けてよかったです。 歯が良いセンサーであるのは、初めて知りまさした。 これから、センサーを活かしていきたいと思います。

•自分の芯を「右前」が知れて、さらには体は宇宙だなぁ、深くていつまでも興味深く深く、そこに新たなスタートが感じられて嬉しいです。(&こわさもあり。)

お話会

自分を知ろうと思えた勉強会

A・Eさん 女性

1~4回目まで、毎月通いました。調整が自分でできるようになりたいと思っていました。
でも、筋反がとれるようになったら、私はどうなるのだろう?筋反にすべて頼ってしまうのではないかと、不安になりました。
また、何回かやってみて、Yes、Noの違いがよくわからず、私には出来ないと決めてしまいました。できるようになった時の依存もこわくて、私には〝できない″と決めてしまったようにも思います。どうしても筋反がとれませんでした。

「①思考 ②直観 ③筋反の3つでみている」と先生に伺って、「筋反だけでなどみれな いから大丈夫。」と伺って、そうなんだ~!!
と楽になりました。よくよく考えると、3回目くらいの時にも同じように話していただいたのに、忘れてしまっていました。
終わってみて思うと、この5回の勉強会こそ、自分と向き合う時間だったなと感じます。

自分で調整ができるようになりたい。でも筋反がとれるようになるのは怖い。
自分はどうしたいのか?と時々考えていました。私はまだ依存というものに恐怖を抱いていることがわかり、依存がいやだったら、
自分の軸をしっかり持てばいい。その手段の一つがこれなんですね。
いつも頭の中で考え過ぎるので、考えるのを止めるのは、なかなか難しいですが、まずは淡々とやってみるしかないのかなと思いました。
やる気に反して、できない。どこかで逃げたいと思っていたので、今までテキストを家で開いたことはありませんでした。

昨日、5回目の参加ができてよかったです。やっとテキストを開く気持に依存ではなく、自分を知るために、まずは始めてみようと思えました。
先生、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます

勉強会、田んぼの草取りで見えてきた自分

横山勝也さん 男性

勉強会に初めて参加した時に、何とかして自分で自分の身体をコントロールできるようになりたいと言っていたと思います。
その時は、まだ自分と向き合うこともなく、ただただ早く元の生活に戻りたいとの気持ちからでした。勉強会を重ねたり、田んぼの草取りに参加したりとするうちに、自分と向き合わず元の生活に戻ることは、同じことの繰り返しで、意味のない事だと考えるようになりました。

自分をあらためて理解しようとすると、精神的にしんどいこともあります。今までいろんなサインを出してくれた自分の体に、背いていた自分はいったい何だったのだろうと自問自答しました。今まで人生、生き方、仕事上の囚われなどなど、きりがありません。ですが、できる事から変わっていこうと思う事ができ、行動に移すことができるようになりました。

最近、復職してしまったので、正直不安でいっぱいです。以前の自分に戻ってしまわないか?、あまりにも、自分が変わっていたことに気付き、いらいらしている自分と向き合うことなど。

これからも、自分理解を続けて行くために、そして元の自分に戻ってしまわないように、また勉強会やイベントに参加したいです。よろしくお願いします。
そして、ありがとうございました。

勉強会に参加してみて

M・Kさん 女性

勉強会を受講させていただいて、ありがとうございました。勉強会五回の間に、診察もあったので、両方を通して、自分の中に様々な変化が起きました。伴走していてもらったような、感覚です。ひとりでは、いまここのわたしには、なりえなかった。

五回目の勉強会でお話させていただいたように、かなり早い段階で、情報をよんで、調整できるようになる、という当初の目的は、浮き沈みにより、あきらめていました。だけど、むしろそこからわたしの中での設定は変わり、身につけなきゃという変な力が抜けて参加できるようになりました。

診察していただいているときは、一対一なので、その時に思っていることをお話することができます(もちろん診察中のお話でも、思いもよらぬところがつながったりすることもあるのですが)。なのでほんとうに、その時に直面していること(歯にサインとして出ていることなのだと思います)について、お話できて、いつも本当に救われています。

一方で勉強会は、たくさんの方が参加されていて、その時のテーマは、一見するとわたし個人とは関係のないことだったりするのですが、そのお話の中で、その時に実は自分が必要としていた何か、であったり、うっかり離れてしまっていた、ああ、ここにかえったらいいんだ、ということを思い出させてもらったり、という場でありました。

そして、たくさんのひとがいることで、その中で氣づける、自分の個性、もあったりしました。自分では、これが当たり前、と感じていても、それは当たり前ではないんだ!と。そんな多様性にふれることができたことも、大きかったです。みんな、勉強会に参加している時点で、方向が一緒だったから、多様性も、やわらかく受けいれられたのだと思います。そしてじつはそれは、わたしの意識できていない部分のわたしなのかもしれない。そう考えたら、わたしの中の多様性にもやさしくなれたのかもしれません。

途中から、どこまでじぶんにかえれるか、深められるか、というテーマに変わっていました。日常の中で、特に変化の大きかった時期だったこともあり、大きく揺らいで、かえってこられなくなることも多々ありました。そんなときは、だいたい歯にサインがあらわれて、小嶋歯科へ行く必要が出てきました。ああ、小嶋先生に会いなさいということなのだ、と非常にすんなりと受け入れられました。むしろ、ほっとしました。

勉強会は、なんだかよくわからないけれど、もやもやがあるような、という時が多くて、そこでまず、思い出して、次に進む勇氣をもらっていた感じがします。

勉強会でとったノートから、印象にのこっていることを挙げたいと思います。

  • ☆あきらめずに探す
  • ☆時間などにしばられず、向かい合う
  • ☆謙虚さ
  • ☆淡々と
  • ☆わからなくても、やりつづけること
  • ☆じぶんらしさを追求
  • ☆自分を生きる覚悟
  • ☆やりきる覚悟
  • ☆わたしのプロはわたし
  • ☆真剣に向き合うこと
  • ☆人を自分の意図でしばらないし、しばられない
  • ☆フラットにとらえる
  • ☆感覚と対応力
  • ☆ゆらぎの回復、じぶんらしさの回復
  • ☆波長をととのえる
  • ☆からだにおとしこむ
  • ☆わたしのことは、わたしにきけ
  • ☆何のためにしているか
  • ☆設定
  • ☆じぶんもOK、あいてもOK
  • ☆違いをみとめ、うけいれる
  • ☆共有意識をもつ
  • ☆自我とじぶん
  • ☆じぶんを知る
  • ☆探求心、たのしめること
  • ☆生きてこられたすてきさをシェア、つないでゆく
  • ☆自分を表現すること

などなど。

ああ、いま自分で振り返っていても、泣きそうなくらいのおしえがたくさんです(T_T)ほんとうにありがとうございます。とてもたいせつなことが、いまのわたしの中にはあります。

きっと、いまのわたしの段階で必要なことは、この上なく、与えていただいたと感じます。ここから先、必要があったら調整も自分でできるようになるのではないかと思います。

五回目の勉強会で、「小嶋先生がいてくれるので、そこは、いいのだと思った」と言ったことは、ただあきらめとか、ほっぽりだすつもりで言ったのではなく、全てを自分でできる必要はなくて、こんなとき、どうしたらいいか、のじぶんオリジナル版、があって、何かが起きた時、じぶんでたしかに選択できること、それがいまのわたしにとってたいせつなのだとわかりました。得意なひとにおまかせすることも、自分療法の中ではたいせつ。だけどだからじぶんも、じぶんの得意なこと(というと語弊があるな、できること、かな)を行っていくことで、エネルギーはぐるぐるまわる。

淡々と、は本当に苦手でした。だけど、いまようやく、淡々と、続けられるじぶんになってきたことを感じます。どうしたらいいのかわからないことだらけだけど、それはわからないままでもよくて、目の前にあることを、淡々と行わせていただく。

自我とじぶん、は、わたしがはまっていた問題でした。じぶんさがし、のはずが、自我が強化されると、つながりはきれる、から、じぶんから、遠のいてゆく。と気づけた。自我にひっぱられそうになるけれど、じぶんにかえる。

そして感覚と対応力のお話は、わたしにとって希望でした。もはやじぶんの感覚を生かしてこの世で生きることはできないと思っていたから。対応できるわたしになってゆけば、感覚も閉ざす必要がないのだときづかせてもらったときの感動ったらありませんでした。

なんだかだんだん感想文ぽくなくなってきてしまいました。

そしてもうひとつ、小嶋先生、里美さん、森さんと会えることがわたしにとって大きな意味を持っていたのだと感じています。そのことによって、じぶんのゆらぎをとりもどすことができたのだと思います。共鳴。だから、着いた瞬間に、ほっとする。そして帰りはいつもとても元氣になる。

みんなのまっすぐさややさしさに甘えてばかりだったと感じています。手術の前も、あんなにもサポートしてくださったこと、とてもうれしく、ありがたく、じぶんはしあわせものだ、と感じました。また元氣に会えて、本当にうれしかった。

書類を整理していて、去年の八月に初めて受診させてもらったことを知りました。もうすぐで、一年。びっくり!とても濃く、そして本当に多くを与えていただきました。

さいごに、数日遅れなのですが、小嶋先生お誕生日おめでとうございます*\(^O^)/*わたしの中で小嶋先生は宇宙のお父さんです。小嶋先生と出逢えたことで、わたしの歯はもちろんですが、ほんとうにわたしは救われました。わたしがわたしとして生きることを、あきらめずにいられました。そしてわたしの中にある感覚を信じられるようになりました。本当にいつもありがとうございます。

わたしもみんなのおかげでたどりつけた、じぶんらしいじぶん、で生きていくこと。さいごの大きな一歩のところにいる感覚です。歯もとれたりしないので、ここからの一歩はじぶんで勇氣をもってふみだすのだと感じます。そうしてこれまでたくさん与えていただいたものを、すこしずつ、宇宙へとおかえししてゆきます。

いつもあたたかく見守っていただいて、ありがとうございます。そしてこれからも、よろしくお願いいたします。

脳の情報

M・Mさん 女性

患者はどうしても治療を病院、先生にまかせます。それは知識がないからです。子供の頃は親に連れられて、ただ治療を受けます。
だからといって、医者でない私たちが病気や治療に関する知識をひたすら勉強するのはあまり現実的ではないと思います。たとえ努力して学んでも、その情報が本物かどうか判断がつかないはずです。
そして統計的に効果があるとされている治療が自分に合うとは限らないとも言えます。
ちょうどそんなことを考え歯医者さんをさがしていた時にこちらを受診しました。私がお願いした治療をしてくれさえすれば良いと考えていたのですが、小嶋先生が脳の情報を読んで必要なことをしていくとおっしゃって「これはおもしろい!」と思いました。ただ脳の情報は必ずしも正しいのか、本人の思い込みが影響しないのか、など疑問はたくさんあります。
先生は誰でもできるようになる、とおっしゃいました。是非勉強会に参加して疑問を無くし、自分や家族、周りの人の健康維持に役に立ちたいと思っています。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。

子どもの虫歯

Y・Aさん 女性

大切に大切に育てている一人っ子の息子。
食事・生活・教育と全てにこの子らしくのびのび愛情たっぷりと育てていたところに現れた1本の虫歯。 色々な歯医者に通い、歯磨き・食生活を見直し、もう手を尽くしたにもかかわらず、どんどん増える虫歯。 4歳にして神経を2本も抜いてしまう状況に疑問が沸き、こちらの医院に伺いました。
なぜこんなに虫歯に対して、私はこんなに反応していたのか・・・と、ふっと肩の力が抜けました。
虫歯になって気付けたこともたくさんある!!
虫歯を通して、この子の気持ち、私の気持ち、もっとシンプルに自分らしく向き合っていけば大丈夫!と思えました。

理想がここに!

Tさん 女性

自分らしさを取り戻すこと、その本人が本当に望んでいることを探って、それを尊重し今後の計画を立てていくという、一見そうあるべき、また簡単なことのように思えて、実はその本人ですらそれがどういうことなのかもわからない難題に、真摯に取り組んで下さる小嶋先生の姿勢に心の底から感動しました。 1人1人が、特別な存在とわかっていながら、現代の医学、歯科治療、またそれに代わる様々な代替医療も、そのことに向き合うのは、非常に困難な今の時代にあって、あまりにも理想的過ぎて、果たしてそんなことが実現可能なのかと思われるような治療に、本当に妥協なく取り組んでおられる稀有なお医者さん(?)にようやく出会えた気がしています。 どんな治療であっても、その治療家に頼らないと良くならないというのではダメだとずっと思いながら、今だにそのような療法から離れられない自分がいます。 自律した自己を目指して、色々学んでいきたいと思いました。

見つめ直すきっかけとして

A.Kさん 女性

勉強会5回が終了し、自分自身の歯をそろそろどうにかしたいなと思い、予約しました。
今までお世話になっていた歯医者もその人に合った素材を選んでくれたり、かみ合わせの調整をしてくれる医院でしたが、そこで詰めた箇所が何度も取れてしまっていて、勉強会に参加したことで、何度も詰め直しても、根本的なところを直さないと変わらないんだろうと気がつくことができました。
せっかく出ている“サイン”を自分自身の身体を見つめ直すきっかけとして活用したいなと思っています。 これからもよろしくお願いします。

今ある自分を大切に

I.Kさん 女性

ありがとうございました。
歯や体の症状をもとに、ゆっくりと穏やかにお話をきいてくださりました。 体の不調も大切なのだ、ありがたい、生きているんだという気持ちになりました。

今ある自分を大切にして、
自分の体や心に気付ける自分になりたいと思いました。
小嶋先生、小嶋歯科のみなさんありがとうございました。

根本的な原因

T・Tさん 男性

右側の奥歯の詰め物が取れてしまい、歯の間に食べ物がはさまって歯茎まで届いてしまい、痛みがあったため診ていただきました。これまでは詰め物が取れる度に歯医者に行って詰め直しすると食事は出来るようになるのですが、今度は別の歯の詰め物が取れる。しかもいつも右側、ということを繰り返していました。それも仕方ないことなのかと考えていて、その根本的な原因まで考えたことはありませんでした。いつか小嶋先生に診て頂きたいと思っていたので、このタイミングでお願いすることにしました。

何故右側がいつも取れてしまうのか?
身体のバランスに問題があるのではないか?
何故そうなっているのか?どうしたら改善できるのか?
どういう方針で治療していきたいか?
本当に丁寧に向き合って診て頂きました。

治療費は保険適用の歯医者と比べると高くなりますが、結局、何度も通ってまた悪くなってと言う事を繰り返すようなら、実際は同じくらいの金額を支払い続け、実は決して高くないという事に気づきました。
小嶋歯科医院を選んで本当に良かったです。全国の歯科はこのやり方を見習うべきだと思います。患者の為に本当に適切な方法は何かを考えて真剣に向き合う、そんな歯医者が日本中に増えれば良いのにと思いました。
ありがとうございました。

全力で患者に寄り添ってくださいます

R・Hさん 女性

小嶋歯科医院の治療手順は、私たちが通常知っている歯医者さんのイメージと大きく違います。 初めての方が、普通の歯医者さんのつもりで診てもらうと、少しとまどってしまうかも知れません。 世間一般の歯医者さんは、まず診察椅子に座り、歯の中をみてもらい、レントゲンをとって・・・。

それに対し、小嶋先生は、最初に痛い部分はどこかをきいてくださると、 本当に歯に原因があるのかということを探っていかれます(歯は身体の不調をうったえるセンサーの役目をしているからとのこと。
身体の他の部分の不調が歯の痛みとなって表れることが多々あるらしいのです)
診察椅子に座る前に、まず身体の動作でチェックします。
人によっては、診療椅子に座ることがないかも知れません。
そして先生が今まで会得されてきた方法で、丁寧に原因を探っていかれます。
結果私には、足首をつかみながら一定の角度を保つ動作をすることで、 身体のゆがんだバランスを修復してみることを提案してくださいました。
もちろん、歯が悪ければ、普通の治療もしてくださいます。
まずは本当の原因を探りながら、患者さんがどうしたいか、どうなりたいか、ということを明確にしながら、同じ目的にむかって、最大限の力で寄り添ってくださろうとしてくださいます。
最終的には、自分の身体は自分で治せるようにとおっしゃて下さいました。
今は、毎日 先生に教えていただいた修正角度を保つよう動作を、家でも自分で行っています。

また小嶋歯科医院は、自由診療です。正直、患者側としては料金的にもかなり心配になります。
私は自分で納得いかないと気がすまない性格なので、先生に、たくさんの質問をさせていただきました。(通常は、いいかげんにして!と思われると思うくらい)
小嶋先生は、質問があるのはあたりまえのことだからと、私が納得いくまで、すごく丁寧にお答え下さいました。本当にありがとうございました。

決して自分のやり方を無理強いをされる先生ではありません。そして患者の経済状態に合わせて、治療をすすめていくこともいとわない先生だと思います。

今まで私は引っ越しも多く、いろんな歯医者さんに診ていただく機会がありましたが、 これほど正直に、自分の気持ちをお伝えできた先生は、初めてでした。

娘さんのご病気を経験されて、ご自分の診療方法を見つめ直されたとお聞きしています。
また、以前の一般的な治療方法をされていた時も、いつもたくさんの患者さんがいらっしゃたのを知っております。それを一新して、あらたな治療形態に入られるには、かなりの覚悟が必要だったと思います。小嶋先生だから、出来たことだと 本当に思います。

もしどこかで、歯の治療を受けてもどうしても痛みが消えないと悩んでいる方がいらっしゃったら、 先生のお気持ちがその方に届きますように、と願うばかりです。

それから、歯のホワイトニング専用の施設も併設されています。少し先生のイメージからかけ離れているようなって思ってみていたら、気がついた先生が「これで口元に自信がついて、その人自身も良い方向に変わることも結構あるんだよ」 とおっしゃいました。(納得です)

症状はサインとあらためて納得

M・Nさん 女性

小嶋先生
昨日は時間を割いてくださって、ありがとうございました。
身体のケアをさせてもらっていて、全ての症状には意味があるので、悪いものではなくただのサイン、ということを実感しているにも関わらず、それが歯も同じだということに全然意識がいっていませんでした。でも、先生のお話を聞くことで、そのことに気づかされました。ただただ納得です。
虫歯の意味、その根本となる原因、地球や宇宙と自分たちの身体の関係という話も納得させられることばかりで、ますます自分で自分の身体を知りつくし、コントロールしていきたいものだなと思いました。

自分を制するというと、厳しい感じになってしまいますが、そうではなく、知ることで怖くなくなるというか、知ればどうにか自分でできるようになるというか、そんな感じになれればいいなと思っています。とりあえず、先生のアドバイスを基に、今持っているツールで、子どもたちと自分自身を整えてみようかと思います。次回の予約を楽しみにしています。

そうそう、嫌な薬品の臭いがしない歯医者さんは初めてでした。あの臭いを嗅いだだけで帰ろうかと思ってしまうのですが、お陰でリラックスしてお話できたように思います。
ありがとうございました~☆

今朝、珍しく早起きしたので、昨日のノートをまとめて、子どもたちのケアプランを練りました。量子場をどこまでアレンジできるか解らないのですが、試してみようと思います。それと、栄養の問題はホメオパシーを使ってみようと思います。経過は報告します~

最終目的は、噛み締め癖が治ること

A・Hさん 女性

先日いらした患者さんと2時間ほどお話したあとに頂いたメールです。 来院時お口の中は、デンタルチャートのみとっただけです。
妊娠されていて、予定日は12月です。
大学の図書館で働いている方です。

昨日は、大変丁寧な説明ありがとうございました。昨日ご相談をして、色々と考えた末、あくまでも希望ですが書かせて下さい。(昨日お話した内容と重複する内容もあります。)
私の最終目的は、噛み締め癖が治ることです。そこに気がついただけでも、昨日は大変ありがたいことでした。
しかし、噛み締め癖が治るその前に、歯がどんどん動き、左前歯が薄くなってしまいそうです。昨晩、足の調整をしてから寝たのですが、うまく出来ていなかったのか、やはり噛み締めていて目を覚ましました。噛み締め癖による歯の不具合は10年位悩んでいて、ここ5年位の間に自分の中では深刻性を増してきています。

不具合としては、

  • 話している時、唾が飛ぶようになった。
  • 食事中、食べ物が飛ぶようになった。
  • さ行、た行が言いにくくなった。
  • 歯ぐきが出るようになり、上くちびるが内側の犬歯にくっつき、巻き込まれる。結果的に、口紅が歯につくようになる。
  • 奥歯の噛み合わせが悪いので食べ物が、噛み砕きにくい。
  • 下の前歯が出てしまったことと、噛み合わせが深くなったので、上前歯の裏側を削り、前歯が薄くなってしまったので、前歯でお煎餅などを噛むのが怖くなった。斜めから食べている。
  • 舌の位置が変わり、気持ちが悪い。歯の動きが止まらない。

評判の良いとされる伊勢原の2つの歯科を巡りましたが、
1件目(保険診療)は、噛みあわせが深くなったり、前歯が薄くなっている事を話しても、そんな事はないと言い、
2件目(自由診療)は、噛みあわせが深くなっていることは、分かって頂けましたが、もう歯の動きは止まってそれ以上は歯は動かないとの説明で、まずは歯周病治療を行い、それからまた判断という事だったので、それに従ったのですが結果的には、マウスピースで対応となり、それよりも、定期的な歯周病治療のメンテナンス予約を急かされ、ホームケア販売に説明時間を割かれました。(勿論、神経を抜かれた歯を治す際の材質説明等も。)
ようやく今、小嶋先生の所にたどり着きました。

ここ数年の間に薄くなった歯は、裏側が削れて他に比べてザラついているのがわかります。また、歯列が悪くなってからアチコチに食べ物が詰まるようになり、気持ちが悪く、虫歯も心配です。

最終目的は、噛み締め癖を手放すことですが、今は希望としては
・少しだけ、歯を動かして、不具合のなかった5,6年前程度の口元に戻りたいです。(戻すという言葉が適切ではないかもしれませんが。)
・併用して身体の調整をし、歯が動く元を断ちたいです。

矯正というと、どうしても歯を抜くことになる説明を受けるのですが、素人考えですが私は子供ではなく、5年前位までは、口の中に綺麗に収まっていた歯なので、完全ではなく、少し動かすのであらば抜かない矯正が出来ると思うのですが・・・。
急ぐ理由としては歯を食い止めたいのもありますが、お産の時に歯を喰い縛れないから、マウスピースをしようと思っていました。本当はつけたくありません。
もう一つは今、8月は大学が夏休みシーズンで、休みが多く診療時間に通えそうなので、先生と考えのすり合わせをし安定期の今のうちに今後の方針や見積もり等を出しておきたいという気持ちがあります。先生はご多忙だと思いますが、如何でしょうか?

そして、以下は先日いらした時の感想です。

メールに登場する1件目の歯科医院は、自費診療で行っていて、D1グランプリという歯科甲子園とかいうモチベーションを如何に維持するかみたいな、大会で優勝した医院だそうです。
以下の感想にも少し出てきますが、歯科の自費診療の1つの形のようです。
歯科の自費診療って、なんなのでしょう?

保険診療も、自費診療にも、そこに医療はあるのでしょうか?診療を終えて、今思うことは、患者さんの心に耳を傾けてくれる治療だと思いました。
評判のよいとされる歯科医を回り、進行は少し食い止められていたのかもしれませんが良くならず、歯の不具合は、咀嚼、発音の不良のみならず、口周りが変わると容貌も変わってしまい、自分ではない様な気分でした。

主人にも「顔で結婚したのではないんだから。」と慰められ、(のろけではありません(笑))もしかしたら、これは進行を遅らせつつ、一生付き合っていかなければならない気持ち悪さなのかも・・・。とさえ思うようになった時に、母の薦めでこちらに相談に伺いました。
確かに評判の良いところは、丁寧な受付で、今まで受けたことのない検査もして頂き、治るかも!という希望がありました。しかし、治療を続けていくうちに、何か違うことに気がつき始め、行くのが嫌になりました。その理由は、小嶋先生との面談の後ハッキリ分かったのですが、今まで受けた治療は、その病院のやりたい治療であり、どこかでたまたま結果が出た、その症状をなくすための規定のレールに乗った治療だった様に思います。だから、評判が良いとされるところなのに、納得がいかなくて歯科治療ジプシーのようになっていました。お金をドブに捨てた気分です。
優しいな、説明も丁寧だわ。よくやってくれているな。と感じていた事は、優しく誘導されているだけでした。

結局、病院からしたら当たり前かもしれませんが、患者の思いは他人事。レールに乗せておけば、治る場合もあるので患者は満足。その場限りの治療です。小嶋先生の治療は、歯のセンサーを利用して根源を断つ治療でした。それは、患者の心に耳を傾けないとできない、他人事として処理をしていたら掬い取れない治療方法だと感じました。今まで、食い縛りは、ストレスだからリラックスしてとか言われてきましたが、ストレスフリーなんて別世界の領域です。ストレスを抱えている人は沢山いるでしょう。皆、歯が変になるはずです。

先生から、目標をどこにしたいのか?の問いに食い縛りの根源は何かを明らかにし、食い縛りを止めること。初診では、歯の直接の治療には遠いような診断でしたが、こんなに自分の希望が素直に現れ、その治療方法の道筋が見えたのは、とても嬉しいことでした。

自由診療の意味・・・、歯医者さんが提示するプランを自由に選ぶのではなく、先生と一緒に自由によりよい方向へ進んでゆく診療。そんな感想を持ちました。長々と書いてしまいましたが、これ以上短くなりませんでした。色々言葉も飛んでしまいましたが、読んで下さってありがとうございます。これから、どうぞ宜しくお願い致します。

メールは以上ですが、ちなみに治療は一切していません。面談でもありません。目標等々、話が理解されていないところはたくさんありますが、最近のメールに対しての一つの投げかけになるのではと思い、発信いたしました。
メールは以上ですが、ちなみに治療は一切していません。面談でもありません。目標等々、話が理解されていないところはたくさんありますが、最近のメールに対しての一つの投げかけになるのではと思い、発信いたしました。

キネシオロジー(筋肉反射テスト)で本当の自分に

S・Nさん 女性

不思議なご縁で、辻堂のサンデーマーケットで小嶋先生をご紹介して頂き初めてお会いしました。 すごい先生だということで、緊張していたのですが、小嶋先生は特に怪し気なところもなく、優しい感じがしたのでホッとしました。どこか悪いところがあれば、何でも見て頂けるということで、私は最初強度の近眼であることを伝えましたが、小嶋先生が歯医者さんということを知り、ふと長年気になっていた、歯の噛み合わせが良くないことを伝ました。

小嶋先生は自分の腕に指をあて、何やら呪文の様なことをぶつぶつとつぶやき、それが終わると私の肩を下に押して力が入らず、ガクンと落ちてしまうことを指摘、それから「固い椅子に座れる時間は1分だね。」と言われました。何が何だか分からなかったのですが、椅子に座るのが苦手で、それも自分の集中力のなさが原因だと思っていたので、そうじゃなかったとわかり、涙が出そうになずりました。それから小嶋先生は私の足の骨を押したりして、また肩を下に押しました。肩に前より力が入った気がしました。

噛み合わせは位置が変わっているのと、左右両方で噛みしめられることが、はっきりわかりました。そして「椅子に座っていられる時間が10分になった。」と言われました。小嶋先生のされていることは理解は出来ないものの、直感で信頼出来ると感じました。どうしてかわかりませんが、今ままでに感じたことがないくらい、希望を感じていたからです。何かが変わるかも知れないと、漠然と思いました。家に帰っても、もっとじっくり診てもらいたいと思いが消えず、すぐに診察をお願いしまた。

初回は2時間も診てくださるということで、当日は楽しみでわくわくしながら医院に向かいました。病院にわくわくしながら行くのは初めてです。小嶋先生は笑顔で迎えてくださいました。
2時間の診察はあっという間でした。小嶋先生の診察は、私がたまたまちょっと前に興味を持っていた、キネシオロジー(筋肉反射テスト)を使って、私自身に聞いて進めていくというものでした。 本当の自分?の声を小嶋先生が読み取ってくださるという、今まで体験したことのない体験に加え、顎と舌の位置が移動、肩にさらに力が入り、自分の体が頼もしく思える感覚にただただ感動していました。
そして最後には恋愛相談までしている自分に驚きましたが、小嶋先生は心良く相談に応じてくださいました。しかもこれには驚きで、恋愛相談だけでもしに行きたいくらいです。(笑)

今、小嶋先生の治療を受けてから、少しずつですが毎日が変化し始めたのを感じています。本当に小嶋先生にお会い出来てよかったなあと思っています。

歯は全身のセンサー

T・Iさん 男性

今日はお世話になっている歯医者さんに行ってきました。ここの歯医者さんはちょっと変わっています。
普通、歯医者さんといえば口の開けて症状を言えば、あとはレントゲンを撮って診断と治療法はお任せで「はい 終わり」って感じですけど、この歯医者さんは、「その症状をどうしたいのか?」というところから問診が始まります。
「症状をとってもらいたいに決まってるじゃん」って普通だったら思いますよね。でも、ここの先生は『歯は全身のセンサー』って考えでやっているからそのセンサーである歯を破壊するような、削ったり、抜いたりということは余程でない限りしないのです。

「歯は全身のセンサー」っていうことは他に歯を悪くする原因があるってことです。聞いたことあるかも知れませんが毎日、神経質なくらいに歯磨きをしていても虫歯になったり、歯が欠けたり、また急に顎が痛くなったり、歯茎が腫れたり‥、これは全身の異常を口の中で表現してくれているだけって知っていました?
僕の場合は立っているときの軸のズレが起こっていたようで、それを調整してもらうと歯の噛み合わせの状態や肩こりや頭までもスッキリしちゃいました。帰りの電車ではすっかり熟睡、こんな歯医者さんがもっと近くにあればいいのに!!

歯の症状をきっかけに、いろいろな発見

M・Kさん 女性

歯医者に行くのが好きな人ってあまりいないとは思いますが、私は小さい時から虫歯が多くて、痛い目にあってきたので、本当に歯医者は苦手でした。でも、最近歯の治療が好きになってきたというか、楽しくなってきました。どうしてかというと、歯の症状をきっかけに、いろいろな発見ができるからです。自分が考えていたのとまったく違うところに原因が見つかったりと、まるで推理ゲームみたいです。もちろん、普通の歯医者に行ってもそんな発見はできません。
「自分研究」に協力してくれる歯医者さんだからそんな楽しい治療が受けられるのだと思います。その先生は、神奈川県の小嶋歯科の小嶋先生です。

小嶋先生は保険診療はやっていません。なぜなら、保険診療は症状のあるところに処置をしたり投薬を行なう治療です。原因を見つけ出すということはしてくれません。それは保険点数にならないのです。というより、歯の症状の原因が他にあるという考え方がないのだと思います。でも、小嶋先生が代表の「歯を削らない 抜かない 歯・口腔の症状をめざすネットワークグループ」では「非歯原性」歯科疾患という歯に原因がない歯の症状があるということを、国民に広げる活動を行なっています。原因が歯にないのに削ったり神経を取ることで、さらに悪くなったりするからです。必要もないのに削られるのは誰だって嫌ですよね。

今日、私が治療に伺った目的は「左下の一番奥の歯の詰め物が取れ、物が詰まるので穴を埋めて欲しい」「その歯の周辺が痛いから原因を知りたい」ということです。痛いから治したいというのではなく原因を知りたいというのがミソです。どうしてかというとその歯はもう3年くらい前から調子が悪く、何度治療しても外れたり、歯茎の横に膿が溜まったり、痛くて噛めなくなったりとトラブル続きだから、きっと原因があると思っていました。

小嶋先生に「今日は何をしたい?」と尋ねられました。
小嶋医院のスタイルはこれです。
患者主体。
そしてお互いに目的を確認しあう。
お任せしますはNG。
目的に向かってお互いに努力するという形です。
2つの目的を告げて、まずは痛みの原因を探っていただくことに。
歯茎の頬側に炎症が起こっているけれど歯科的には説明がつかないそうです。
考えられることは歯周症による炎症か、神経が死んで根っこの先に起こった炎症が上昇した。

しかし、歯周症もなければ、神経も生きています。そこで炎症がどこから来ているのか調べるために、ある仕掛けをしてレントゲンを撮っていただきました。
そうすると不思議なことに奥の歯のさらに奥の骨から起こっていました。以前抜いた親知らずの何かが残っていて、そこから炎症が起こっているようだという結論になりました。実はずっと歯の痛みだと思っていたけれど、最近、歯ではなく骨ではないかと考えるようになったので、それを知りたいと思っていました。
なので、その説明を受けた時、納得!!と思ったのです。

対症療法的にその炎症の治療はできるそうですが、目的は原因を知りたいだったので、「後は自分でやりますからもういいです」と終わっていただきました。
歯の穴は詰めていただきました。
穴を詰めていただいたら食事を安心してできるようになりました。
やはり穴は詰めた方がいいですね。
原因が分かれば症状があってもそれほど不安を感じなくなります。
自分のことを知ることって大事ですよね。

原因がよくわからないことを具体的にイメージ

M・Nさん 女性

感想追加 良かったところ

  • 自分が健康なのか違うのか聞けること
  • 一般的な内科だと熱があるなど具体的な症状がないと判断してもらえないし、  鍼灸院なども自分にあう良い先生に出会わないと難しい。その点小嶋先生は話しやすく  良い先生だと思います。
  • 今感じている症状が具体的に何からきているのか明確にしてもらえること  なんとなくだるいとか頭が痛いとか、原因がよくわからないことを具体的にイメージ できる。具体的にイメージができるので対処が考えられる。  ストレスを感じているなら、思い当たることを考えてみるなど。
  • 自分で考えて選択する時間をもらえること  一般的な病院へいくと症状をみて、●●なのでこの●●をします。  で、受ける側も基本的に医療の知識はないので、「そうですか」と通院して終わり。  病気によっては必要だと思いますが、なんでこうなったのだろう?という考えるきっ かけをもらえるのは重要だと思います。
  • 先生の説明の仕方が押しつけがましくないので素直に聞ける。
  • 治療を受けるとからだが喜んでいるように思う。
  • 「まぁいいか」とゆるくなれること。  虫歯だから必ず治さないといけない。とは限らないと思えるので、色々寛容になれる。  虫歯=マイナスイメージ(身体の一部が不健康、生活習慣が悪い、 歯の手入れをしない自分が悪い?)から、  虫歯=少々のことなら問題ないし、自分は悪くないという考え方に切り替えられる。

少し自分のこと
私の父は、ずっとカイロプラクティックの勉強をしていて、やっと今年66歳にして自分の医院を持ちました。(医師ではないので医院とは言わないとは思いますが)公務員で郵便局に勤めながら勉強をしていました。私が覚えている限り、私の中学生頃には資格を取得していたと思います。スピリチュアル系(あまりこの言葉は好きではありません)にあまり抵抗がないのは、父の影響だと思います。

狐につままれているかのような体験

Mさん

カウンセリングと施術を受けてみて。
始まってすぐに「何年も前から右足がずっと痛くて、運動ができない。同じくらい前から咀嚼の時に右側しか使えない」ということを伝えました。
キチンと最後まで私の話を聞いていただき、そののちに私の手を掴みながら何かの確認作業をやっていただく。当然なんのことだか分からなかったけれども、指示されたようにやってみる。だれにでもすぐに出来る簡単な動作。正直、全くチンプンカンプンで変なセミナーが始まるのではと思ってしまいました。

ところが、指示された動作をしただけで足の痛みが劇的に緩和しました。それどころか左側で咀嚼することも出来るようになりました。更に驚いたのは、姿勢な姿勢で立てるようになりました。
何もかもが狐につままれているかのような体験でした。
そのあと、施術の効果とその根拠を伺った時になるほどと思ったのと同時に、とても興味を覚えました。私達表現者は常に目に見えないいろんな人間の感情や思いを自らのフィルターを通して、相手に伝えていく作業をしています。小嶋さんの説明してくださったゆらぎや波動というものもとても考え方が似ていると思ったんです。ただ決定的に違っていたのは、「脳がサインを送っているんだよ」ということでした。

当日もはなしましたが、人間は心と体で作られていると思っていたんです。
自分なりの解釈ですが、潜在意識と顕在意識、体と心、心と宇宙を繋いでいるのが脳なんじゃないかと理解しました。
我々は、脳の機能のほんの僅かしか使っていないと言いますが、考えたり感じたりすることの他に「つなぐ」「しらせる」という大切な役割があるんですね。
それでも、疑り深い私は翌日整骨院に行って、いつもと同じ施術を受けたんです。
すると、あれほど苦痛を感じていた部分が、ほとんど痛みを感じなくなっていたのです。スタッフのかたも気付いたらしく、「なにかしましたか?」と聞いて来ました。
私は「カラダを左斜め後ろに傾けただけです。」とは言えませんでした。(笑)
すみません。
なんの予備知識もなく、そんなことを言うとまちがいなくうさん臭がられます。
今も良好な状態は続いています。時折、痛くなりそうだなと思うときは教えられた施術とイメージトレーニングをしています。スポーツの時の怪我だとずっと思っていたのに・・・。
とても不思議です。

今は、左の首と肩の部分がとても硬くなっているのが気になります。
以前からでしたが、足が緩和されて気になるようになってきたようです。
これが緩和されるとまた次また次と現れてくるのでしょうが、最後の原因のところまで見つけてみたいと思っています。

私がこのはなしをしたところ、とても興味を持ってくれた方が二名います。それで月に一度ずつでもそちらに伺ってグループでカウンセリングと勉強会をやれないかなと思っています。私を入れて三名ですが、一回3,000円程度でやれれば続けられるのではと思います。平日の火曜日の夕方なら理想的です。
ご考慮いただければ幸いです。
理解して頂ける人を増やして、みんなが自分のサインを自分で気付けるようになると、いいなと思います。
そんなことも合わせて書かせて頂きました。今度のジブンcafeとても興味が有るのですが、あいにく予定が入ってしまっているので、あらためて機会を設けていただけばと思います。
まずは興味を示している方を連れてくるので、一度話していただけないでしょうか?
断片的でまとまりのない文章になってしまいましたが、感じたことをそのまま書きました。

追伸:15年間一度も見たことがなかった、とても好きだった女性が小嶋さんの施術のあと数日後に夢に現れました。私が外出しようとすると、ドアの前に立っていて、驚きとうれしさで彼女の手を掴みました。とても熱かったです。そして二人で歩いていると、彼女はどんどん下の方へ、私はどんどん上の道を歩いていきます。離れたくない私は下に行こうとするのですがどうしても行けないのです。彼女は静かに私を見上げていたような気がします。そこで目が覚めました。会うことがなくなって初めて見た夢です。
何か関係あるのでしょうか?
一笑に付されるかもしれませんが気になったので伝えてます。
また伺わせてください。
よろしくおねがいします。
そしてありがとうございました。